神戸市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・明石市 (財)全日本空手道連盟 糸東流空手道修身館 館長 石黒雄一
タイトル
トップページ
 
指導者紹介
 
稽古風景
 

指導者紹介

 

兵庫県空手道連盟評議員
神戸市空手道連盟 理事
 

石黒 雄一

【指導者履歴】

基本稽古を最も大事にします。微差の追及が大差を生むという事を教えます。
強い心をつくり、他人と自分との間にある垣根をとり外し、自分と同じように他人をも愛せる人間づくりをめざします。人を好きになり、仲間意識の能力がでてきます。(弱い心は、自己中心的で人と対立し、心は不安定で集中力もありません)
修身とは身を修(おさ)めるという意味で、2500年前の 孔子の 「中庸」「大学」にある言葉です。

1961年

1980年

1983年



1989年


1995年

2004年

2007年 
神戸市須磨区出身。

兵庫県立高砂高校柔道部卒業、空手道を始める。

ベルギー・フランス・イタリア(シチリア)で空手道指導。
選手としても南フランスの代表選手として全仏大会出場。ベルギーチャンピオン、フランスチャンピオン等に勝利。また、キックボクシングの大会でも優勝する(4試合全1RKO勝)
モナコ国王(現)に演武を披露、銀杯授与される。
その後モナコ公国より指導依頼を受けるも帰国。
帰国後も、指導にヨーロッパ各国、ロシアなどに出向いている。

岩岡空手道教室開始。(糸東会副会長、水口博文先生の拳志会の神戸支部長として)来年で20周年。

神野空手道教室開始。

糸東流空手道修身館として独立。
石黒
84年ベルギー、ブリュッセルにて、摩文仁宗家、中橋師範 2010年糸東流本部道場摩文仁宗家と プティネラ氏と 2012年パリ、フランス空手道連盟本部、フランシス・ディディエ会長、中橋師範と、
1984年ベルギー、ブリュッセルにて、
摩文仁宗家、中橋師範
2010年糸東流本部道場
摩文仁宗家と
プティネラ氏と 2012年パリ、フランス空手道連盟本部、フランシス・ディディエ会長、
中橋師範と

ジム、フレッド・ロイヤースさんと。 1994年7月合宿1 パーティー
1983年 空手のオランダチャンピオンで、キックボクシングWKA世界ミドル級チャンピオンでもある、オランダ目白ジム、フレッド・ロイヤースさんと   1994年7月合宿、後列右から84年世界チャンピオン、現フランスナショナルチームコーチのティエリー・マッシー氏、左から2人目は、中橋師範。前列は日本選手達。 1994年7月合宿稽古の後の夜のパーティで、
現フランスナショナルチームコーチの
ティエリー・マッシー氏(写真・左)らと。

85年シチリア島 パレルモ 87年シチリア島 パレルモ 2010年糸東流本部道場摩文仁宗家と  
85年シチリア島 パレルモ 87年シチリア島 パレルモ

1989年 帰国直後、神戸の拳修会の先生、先輩方と。前列左から、三人目 小笠原英次会長と。

 
お問い合わせ TEL:090-3729-6306  館長 石黒 雄一